someday sometime 8

アクセスカウンタ

zoom RSS 「去る人」

<<   作成日時 : 2012/06/21 20:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
 photo 今日の家路の空

昼過ぎまでの雨が

大気中のゴミを取り除いたのか

透き通った夕陽の光りが

家々の壁を淡い茜色に染めた

一日の終わりに向け

色んな思いが駆け巡る

親しかった会社の仲間が二人

追い出されるように会社を去った

人が真ん中にいてこその組織

いつのまにか人が置いてきぼりとなり

形を無くした

‘出されるのではなく自分の意志ではみ出す’

止まるよりはみ出すことが難しい

「次はお前か?」と聞かれた

どうなんだろう?

何かにしがみつくには、握力も衰えた

風に飛ばされても良いような気分

「かもな・・」とだけ答える



落ちぶれたほら吹き屋さん



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
綺麗な夕焼けを見ながら、またある日は冷たい雨が降りしきる空を仰ぎながら何年、何十年もの間家路についたことでしょう、あの人も、この人も…


会社に貢献し、その肩に家族を背負い、それを誇りとしたから堪えられたのに…その結末がこれなら哀しすぎますね…
個人の歴史など要らないとでもいうのでしょうか…
テンプル
2012/06/21 22:29
こんばんは!
雨上がりに美しい夕陽を届けてくれ
ましたね♪光り輝いて923さんの横顔も
赤く染まっていたことでしょうね(^^)
素晴らしいphotoでじっと見ていたら泣き
そうです(x_x;)

親しくされてたお仲間二人が一緒にですか
……胸に冷たい風が吹きますね!
ふぅ〜〜重いです!!!
こんな時は風を追い出して作り笑顔で
踏ん張って下さい!!
ジャケットの澄んだ空と海と白い砂そして
優しい声に癒されますね!
今923さんには癒しが一杯必要ですね
……(-.-)Zzz
クノイチ
2012/06/21 22:52
こんばんは。
どこにでもある話しといっては語弊がありますが私の周りでは度々。自ら辞められない責任感のある先輩の不幸を聞いた時・・さて何がよいものやら。
今回買ったCDに上の曲はさすがに含まれていません。
ダン
2012/06/21 23:03
テンプルさん こんばんは
人生を歩みながら少しずつ荷物を背負い
そして降ろして行く・・
そろそろ降ろし始めようと言う時に
また背負う荷物が出来る
彼らのことでここしばらく上と揉め続け
結局力になれなかった・・
人の気持ちがこんなにぞんざいに扱われる
時代にいつからなったのだろうと思います。
923
2012/06/21 23:04
クノイチさん こんばんは
日暮れに雨雲が切れ始め眩しいくらいの夕陽が
雨上がりの町に斜光を注ぎました。
バス停を一つ手前で降り空を見ながら家へ・・

問題は誰にだって何処にだってある
それ以上に問題なのは解決しようとしないこと
それさえ分からなくなっている事が残念だなと思います。

曲の最後に流れるポールでスモンドのアルトサックスに
癒されます^^
923
2012/06/21 23:16
ダンさん こんばんは
残念なことに良くある話なんですよね・・
同じ光景を見てきてはいるものの、
やはり怒りにも似た空しさが生まれます。
共に同じ会社を卒業し、再び集まって
再度同じ汗をかいていた仲間だけに特にですね・・

Art Garfunkelのソロアルバムではこの「water mark」
と「scissors cut」を良く聞いてます^^
923
2012/06/21 23:24
楽しいこともあるけれど、
自分が成長することもあるけれど、
組織、人間関係、責任、‥
仲間が去るのはさみしいです、
機械じゃない、人間が仕事しているということは心があるということ。
そして、その心の痛みを思い出してしまう、けど生きなくてはいけない、明日はやてくる。
つらいですね‥

空の光と音楽が心に‥優しくしみてきました。


沙羅
2012/06/22 01:50
沙羅さん おはようございます
色んな事に出会い、色んな事に巻き込まれながら
過ぎて行く日々・・
その一つ一つをきちんと受け止めながら過ごして行くのは、思った以上に難しく、辛くもあり時に喜びでもあります。いつも思うのは心を無くしたら人ではない・・
でも心って何なんだろうと立ち止まってしまうときがあります。それを考えるのも人生・・ですかね^^
923
2012/06/22 06:43
こんにちは。

お二人のお仲間の方もこの夕空を
見上げられたのでしょうね。

最後は一個人の心を尊重しないという「会社」という組織

無念さが残りますね。

無限の地球という広さの中の一つの出来事として

明日からの人生を
楽しく過ごされる事を願っております。

先日言ってました心の中の怒涛・・・これに関連することでした。
keiko
2012/06/23 10:35
keikoさん こんばんは
彼らが長い途上での小さな出来事、
新しいスタートと早く思える時が来ればと
願うしかありません。
これからも彼らとは友人として共に歩いて行くつもりです。
keikoさんにも大きく心を乱す出来事が
あられたんですね・・大丈夫ですか?

923
2012/06/23 19:30
ご心配ありがとうございますm(__)m

923のお写真見て心も癒されましたよ。
またこっそりと覗かせてらいますね(^^♪

923さんこそアップテンポの曲聴いて♪

テンションあげてくださいねぇ
今日は、お母様も923さんも楽しまれてなによりでしたね。
keiko
2012/06/23 20:14
keikoさん 
私の写真がお役に立てたなら、なによりです^^
DBもぽつりぽつりアップしますので
また覗きに来て下さい!
923
2012/06/23 20:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
「去る人」 someday sometime 8/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる